2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市松人形-すずめちゃんのおやつ



毎日 毎日あっついですねぇ~
お元気にお過ごしですか


この暑さの中 我が家のすずめちゃん
小さいけれど 元気いっぱいです


P10709461.jpg

うさぎの一家と 一寸法師ごっこしたり


P10709491.jpg

青がえるの一家と 親指姫ごっこしたり



すずめちゃん お外ではお帽子かぶらないとダメよ

ほぉ~ぃ


P10709411.jpg


おかぁたん 暑いよぉ~
なんか ちびたぁ~いの ちょーーだい


P10709291.jpg


キャッ ガリガリ君だぁ~~~~~~
わぁぁ~~~ぃ


P10709331.jpg
 

おかぁたん ちびたくって おいちぃよ


P10709371.jpg


えっ なぁに


P10709381.jpg


おかぁたんも 食べたいの

すずめちゃんが ちょっとかじったけど
はい おかぁたんも どぉーーじょ


P10709321.jpg


まぁ ありがとう すずめちゃん
本当に美味しいガリガリ君だこと

じゃぁ 冷たいのの後は これをどぉぞ 


P10709511.jpg


わぁ~ あったかぁ~いよ おかぁたん


P10709521.jpg


夏におでんも おいちぃね



すずめちゃんのおやつは
かなぁ~り落ち込んで帰宅した日のポストに入っていました


あまりにもグッドタイミングで
あまりにも可愛くて
ちょっと涙が出てしまいました


すずめちゃんは勿論大喜び
私も とても嬉しかったです
ありがとう・・・・・

元気出ました















スポンサーサイト

すずめちゃん




はじめまちて
あたちね すずめちゃん

明光おじちゃんがつくってくれまちた


PP1070401.jpg




あのね あたちね 13せんち
おちびでしょ


PP1070412.jpg


あたちね 京ちゃんクリック)といっちょに
はだかんぼうさんで
きょーとってとこから おうちにきたのよ


京ちゃんはね あたちよりちょっとだけおねえちゃんなのに
はこのなかでは なきむしさんしていたの


なくさめてあげよっかなっておもったんだけどね
ゆらゆらしてて きもちよくって
あたち ねんねしちゃって おきたらおうちだったの



PP1070418.jpg



きょうはね お花さんとあそんでるのぉ
おはなさんってね なんだかおいちそう
あまいかなぁ~~


PP1070411.jpg


あんまし あまくなかった


PP1070410.jpg


お花のベッド ふわふわぁ~



PP1070424.jpg


あたちのおにんぎょさん
この子 あたちよりまえに 明光おじちゃんのとこからきたんだよ
かわいいでしょ


あたち すぐにこの子とおともだちになれたよ


あのね おでかけようの すてきな白いおくつがね すぐにぬげちゃうの
そいでね おかぁたんが ちかちゃんの赤いおくつをおろしてくれたんだぁ~
まっさらだよ


かわいいでしょ


あぁ~~ まちがった
ちかちゃんじゃなくて りかちゃんだったぁ~


こっちのがぴったりですきだな あたち 


そいでね おようふくは ミニキャストちゃんのお下がりなんだって




PP1070433.jpg



あたち この子と お花と 春がだぁ~いすき
みなさん 
これから あたちと なかよくちてくらさい



PPP1070434.jpg


 * * *  * * *  * * *  * * *  * * *  * * *  * * * 



私は 京都で開催された「ちびっ子ノスタルジー展」で 
この子の頭(かしら)と出会いました

まぁ~~~ン なんて愛くるしい笑顔でしょうか

会場では 明光親方の前に 
まるで お祭りの日のリンゴ飴のように お箸にさされた頭が並んでいました


そして その中で この子はにこにこ笑っていたのです 


明光親方は 小さなボディや 小さな手足を並べると
やおら道具を取り出して
頭をお人形に仕上げていかれました


そして この子も 私の目の前で組み立てられて 
かわいい すずめちゃんが誕生したのです


PP1070348.jpg


組み立て中の親方
限界に挑んでおられる真っ最中

寄る年波で オメメがね・・・


そして赤いオリボンおまけしてねってお願いして
出来上がったばかりのすずめちゃん
京ちゃんと一緒に 赤い箱に入れていただいて
急いで家路についたのでした


すずめちゃん本当にかわいらしい子です


 
「ちびっ子ノスタルジー展」では
須藤 陽子先生の 憧れの版画も多数展示されていました



大変失礼ながら 私は須藤先生は 白髪の方だと ずっと思い込んでいました
でも なんと須藤先生は
長い髪が良く似合う とてもお若い方でした


気さくで 飾らないお人柄
すっかり魅了されて
ますます 須藤先生のファンになってしまいました



須藤先生の 須藤陽子ノスタルジー画シリーズ にリンクさせていただきました

クリックしてね



是非 一度ご覧いただきたいと思います
須藤先生 ありがとうございました



「ちびっ子ノスタルジー展」では
明光親方のかわいいちびちゃんと出会い
京秀先生と 京ちゃんに出会い
そして 須藤先生にまでお会いできて
私は 本当に幸せに思います





京ちゃん


あたし 京ちゃん


P10703771.jpg



15cmのチビちゃんなの



あたしね 京都のギャラリーってとこで
おすましして ほかの子といっしょに並んでいたんだよ



P1070343.jpg



どれがあたしかわかる

あったりぃ~~
右から二人目の オレンジ色の着物を着ているのがあたしよ

ね、ね、 
あたしのお友達 みんな すごっくかわいいでしょ


あたし 22日は 朝からとってもきんちょーしていたの
だって 京ちゃんを連れて帰ってくれるおかぁさんとであう予感があったんですもの
あたしね お友達がおかあさんとであう予感も とぉ~ってもよくあたるんだぁ


その日はいぃ~~っぱいおしゃべり好きのお姉さんたち()がやってきて
その中で 一人 まっさきにあたしの前に立って うごかない人がいたの

あたしね その人がおかぁさんだってすぐわかったけれど
おかぁさんったら くらべてみないと損だっておもって
そのあと 帰るまぎわまで ずぅ~っと あたしをお友達と見比べてなやんでいたのよ

本当は おかぁさんにだって 京ちゃんが一番かわいいってわかっていたのにね


あたし 一日中 すごくしんぱいだった・・・
だって あたしを作ってくれて
ずっと とってもかわいがってくれていた京秀おじさんとも今日でお別れになっちゃうし
おかぁさんが どんな人かも
どんなお家に行くのかも ぜんぜんわかんないんだもの。。。。。


しかもね 
おかあさんはお金がないから お着物をあきらめて
あたしを はだかんぼうにしてしまったの。。。。。。。



あたし なきそうだったの・・・
ほんとはね お家にかえるあいだ
紙につつまれて 箱にはいってブラブラゆれながら
ずっと ずっと シクシクないていたんだぁ




P10703791.jpg




お家にはね
いぃ~っぱいお友達がいて あたし びっくりしたよ


そいでね お家には あたしサイズのお着物が無いから
おかあさんが アメリカの子のお洋服を着せてくれたの

今度はアメリカの子がはだかんぼうになっちゃうんじゃないかなって心配したけど
マダムアレキサンダーのウェンディちゃんは衣装持ちだから
だいじょうぶなんだって

ずっとはだかんぼうのまんまじゃなくって 本当によかったぁ~


P1070380.jpg


いちまさんだし やっぱりお着物がいいんだけれど
思った以上にお洋服もにあうって
おかぁさんは すごっくかんげきしていた


へへへ じつはねぇ あたしも かなぁ~り にあってるって思ってるのぉ~~


あたし じぶんひとりで立てるんだよ
おかあさんは あたしが立てることにもかんげきしていた
あたしにしてみたら あたりまえのことなのにね




P1070386.jpg


エプロンなくても かわいいでしょ
なんだか お洋服もだい好きになってきたみたい

P1070365.jpg


夜はね パジャマにおきがえ
おかぁさんが 京ちゃん そろそろねないとねっていってるわ


P1070355_bak.jpg


パジャマすがたもかわいいから ちょっとお披露目


DSC_00231.jpg


そいじゃ おやすみなさい




・・・・・・・・・・・・・・・・・・


上で紹介させていただいた 京ちゃんは 
5月22日に 京都で開催された「ちびっ子ノスタルジー展」で出会った小さな市松人形です


この子をお作りになったのは 京秀さん 
                         クリックしてみてね


P1070349.jpg
(ピンボケ写真ですみません)


京秀さんは 以前から存じ上げていましたが(私が一方的にデスケド)
お人形を拝見したのは 初めてでした


そして 一目見て すっか虜になってしまいました

こんなに小さくてもちゃんと自立するなんて
その技術の確かさ 高さに驚きました


上手く写真に写せませんでしたが
オメメもこだわりのガラスで
小さくてもキラキラ光って 生きているようです


一緒に帰った京ちゃんは
家であらためて対面した時
ギャラリーで見ていた京ちゃんよりも もっと素敵に可愛く見えて びっくりしました


小さいけれど 生き生きとして 存在感は抜群です
京ちゃんは 今にも動き出しそうな 素晴らしいお人形です


今日 京秀さんのブログにリンクさせていただきました
京秀さん ありがとうございました



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



本当に久々の お人形ブログの更新です


年末にぶっつぶれたパソコンを取っ替えたら
写真の加工が ややっこしくなってしまいました
機能は以前よりうんと色々あって その気になれば楽しめるのですが
なかなか その気が起きなかったのです・・・


それと 工事とか 捻挫とか 色んなことがありまして
ついつい 手付かずでほっぽってしまってました



お人形ブログについては 色々考えちゃうことがあります

なんで お人形の写真を撮って わざわざブログで公開したいのかなぁ
見せびらかしの気持ち


確かに せっかくのかわいい子らを お人形が好きな方に見ていただきたい気持ちはあります
でも 見せびらかしたい っていうのとはニュアンスが違っていて
お人形の可愛らしさを 
共感していただける方と共有したい。。。っていうか



共感して 分かち合いたいから お友達のお人形のブログにもお邪魔するんじゃないかなぁ


皆さん そういう気持ちから ご自分のお人形を公開しておられるんじゃないかなぁ


お人形は 写真に撮ると 肉眼で見るのとは 又違う表情を見せてくれます
じかに見ているときにはわからないお人形の感情 みたいのが 
写真には ちゃんと写っていたりする気がします



今も迷いはありますが
段々と
あんまり 色々考えすぎないで
お人形が見せてくれる とっても可愛い表情を
こういう形で楽しんでもいいんじゃないかなって そんな風に思えてきて
やっぱり 続けていこうかなって 思うようになりました



気紛れブログですが 今後も又 どうぞよろしくお願い致します




篤子さん

すごくパソコンンが不安定で
おそるおそるの更新です

最近市松さんのご紹介が多いのですが
今回も 市松さんで・・・ニコ


P1030780.jpg


やってきてから 一度も着物を脱がせていませんので どなたの作かは知りません
多分 昭和30年代の頃の 市松人形ではないかと思います

名前は 篤子さん


P1030782.jpg


なんとも無邪気な 幼い少女の雰囲気です


P1030801.jpg


赤いお着物が とても似合う子


P1030788.jpg


ぽったりした かわいいお口をしています


P1030796.jpg


好奇心に満ちた 生き生きした目

放っておいたら 興味にまかせて
一人でどんどん どこかに歩いていってしまいそうです


P10307931.jpg



一昔前の市松さん
もっと型にはまった おとなしい無表情な子が多いのかと以前は思っていましたが
いえいえ とんでもありません


P10307871.jpg


それぞれに表情豊かで
しっかりと自分を主張する 個性を持った子が一杯いて
昔の人形師さんの心意気を感じます 


P1030789.jpg

 
静かで おとなしい というより
おちゃめさんな 雰囲気の篤子さん


あぁ やっとおままごと遊びを終えて帰ってきました


P1030882.jpg


遊びも 納得いくまでとことんやりそうな そんな市松さん


P1030886.jpg


市松人形って 昔は 怖いお人形のように思って敬遠していましたが
足を踏み入れると そこは 華やかで かわいくて 美しくて・・・

あぁ 日本のお人形はなんと素敵なんだろうと
惚れ惚れと篤子さんを眺めています



P1030779.jpg



咲ちゃん -お家での生活編-

さて 先の「出会い編」でご紹介した通り
不安で胸が一杯の状態で我が家に到着した 明咲さんの咲ちゃん

この人見知りの強い 意地っぱりさんは
案の定 なかなか 我が家に馴染んでくれません

saki3.jpg

あゆみちゃんは どっちにいるのかなぁ~
いつか迎えに来てくれるかしら・・・・・

気がつくと ぼんやり遠くの空を眺めています

saki2.jpg


今にも涙がこぼれそうで・・・
見ているこちらも 辛くなってきます



saki6.jpg


段々と冬めく 重い雲に覆われた寒い空
かわいい頭巾で頭を覆ってあげても
咲ちゃんは そんな空を 半分泣きそうな表情で 眺め続けているのです・・・・・・・


そんなある日 咲ちゃん 咲ちゃん って呼びかける優しい声が
咲ちゃんの耳に聞こえました


咲ちゃん 咲ちゃん 一緒にお話ししましょ
あたしのお膝に乗ってちょうだいな

うんうん 一緒に遊びましょ

ワンワン ワンワン

saki12.jpg


呼んでいたのは 大きなお人形の 萌美ちゃんと
京都から来たブローチの文化人形のちゃん
そして ノラだった かわいいワンコでした


やぁ~ん あたし ワンコは怖いの


大丈夫 ワンコちゃんは とってもいい子だから安心してね


saki17.jpg


恐る恐る 大きなお姉ちゃんのお膝に納まった 咲ちゃん
優しいお姉ちゃん達と楽しくお話しするうちに
咲ちゃんの寂しそうな表情も 段々と 明るく楽しげになってきて
すっかり打ち解けて 本来の甘えん坊さんが顔を出しました



咲ちゃん ピンクのお着物に合わせて
ピンクのイチゴの髪留めをどうぞ

咲ちゃん 似合ってるよ


お姉ちゃん 都ちゃん ありがとう


saki14.jpg


ふふふ ご機嫌がようやくなおってきたみたいだから
かわいいピンクのイチゴを付けて お揃いのピンクのお着物でオスマシ写真を撮りましょう
咲ちゃん ニッコリ笑ってね

はぁ~い まかせといて
ニコッ


saki10.jpg


咲ちゃん  昨日 もみの木が来たんだよ
ずっともみの木を欲しかったママに パパがプレゼントしたんだよ


saki8.jpg


ママが もうすぐ クリスマスの灯をこの木に飾るって

ふぅ~ん 楽しみぃ~
でも クリスマスってなんだろな

そっか 咲ちゃん 今年がはじめてのクリスマスだよね
すごっく楽しいはずだ・・・ かもしれない・・・かなから 楽しみに待っててね


ふん・・・


saki7.jpg


お姉ちゃん 都ちゃん  
この木の葉っぱは もみの木みたいにとげとげじゃないよ
丸っこくて かわいいね

咲ちゃん お外は風が冷たくなってきたから
頭巾を被りましょ

saki5.jpg

うん

なんだか いい調子
段々と 素直ないい子ちゃんになってきました


saki15.jpg


都ちゃん いい子いい子 してあげるね


saki16.jpg


咲ちゃん 明日も一緒に遊ぼうね

うん 一緒に遊ぼうね 都ちゃん


んんんんん~~ すごっくいい感じ
私もようやく一安心です


こういう事しても もう泣いたり 怖がったりしなくなって
私ともすっかり仲良しになってくれた 咲ちゃんです


saki9.jpg


それにしても 咲ちゃん あんたはちと重すぎだよ


咲ちゃん -出会い編-

このたび 明咲(めいしょう)さんの名をいただかれた山崎あゆみさん
市松人形師 明光さんのお弟子さんです 

明咲 って 本当にあゆみさんにピッタリの 綺麗なお名前だって思います


10月24日 沢山の人が集まった 明光さんの御堂筋の展覧会の会場で
その明咲さんが まだあゆみさんの時にお願いしたぷに子ちゃんを
やっと手にする事ができました

待ちに待った ぷに子ちゃんとの出会い・・・

ほぼ1ヶ月近く前のことです


そして わたしのぷに子ちゃんは あゆみさんのかばんから出されるや否や
この子を迎えるきっかけを作ってくれた
第二号のぷに子ちゃんとのにぎやかな対面の渦に巻き込まれました


下の写真の左が 私の第三号ぷに子ちゃん
右が 愛らしい第二号ぷに子ちゃんです

saki21.jpg



初対面の時のことを よく覚えていません

お写真で こんな子っていうイメージがあったのですが
なるなる イメージ通りの怒りんぼちゃんって思う間もなく
私の第三号ぷに子ちゃんは 第一号と 第二号のぷに子ちゃんのママさん達に囲まれて
いきなり すごく人気者になってしまいました

そして あれよあれよという間に 着物は脱がされ
二号ちゃんのお洋服にお着替えさせてもらっていました


二号ママとその姉  おっ 関節が進化している
あゆみ         そうなの ここをもっとこうしてみたの
一号ママ       なんか こういう所とか大きくない
二号ママの姉    ひょぉ~ 本当だぁ
二号ママ       おぉ 家の子よりだいぶ重いぞ
あゆみ        釣りの錘がはいってるのだけど 三号は重いのにした
一号ママ       本当だぁ~~~  こっちのが重ぉ~ぃ
                 (発言者の敬称 略)


でも
盛り上がるママさん達の会話をよそに
二号ちゃんと三号ちゃん あんまり仲良さそうではありません・・・


saki20.jpg


第三号   ふむふむ こういうのも着易くっていいかも
       それに あたしに似合ってる気がするな~~

第二号   全然似合ってないじゃんか
        あぁ~ん やだぁ~~~ 
        勝手に着ないでほしいわ
        これあたしのお気に入りのセーラー服なんだからぁ~~
       
第三号   だって あたしの方が似合ってるんだもぉ~ん


まぁまぁまぁ って間に入ってきたのが めぃちゃん


saki23.jpg


めぃ    ねぇねぇ 仲良しさんしたほうがいいよ
       二人とも すごっく似たお顔しているから どっちが着ても同じように似合ってかわいいよ

第二号  似てなんかないって思うわ 
       それに あたしこんなにずぅずぅしくないもん

第三号  そうよ 似てなんかないわ
       あたしの方が 100倍かわいいもんね 
     

saki22.jpg


第二号   なんてやな子なのかしら・・・
       ままぁ~ 早く脱がせて 返してもらってよぉ~

第三号   ふぅ~んだ けんちぼ


その後 わたしのぷに子ちゃんは ずっとむくれながら
意地ばってセーラー服を脱ごうとしませんした


ふふふ この怒りんぼのお顔
ナンダか 私の小さい頃に似ているかもです

この第三号ぷに子ちゃんのお名前は (さき)ちゃん
名前の由来は もう言うまでもありませんよね


二号ちゃんの側を離れて 優しい表情のお兄ちゃんに甘える咲ちゃん


saki26.jpg

さぁ そろそろお洋服 返してあげましょう

やっ


saki25.jpg


あらあら 困った咲ちゃんです

後ろの小さいくたちゃん
お鼻にてんとう虫は止まっちゃうわ
咲ちゃんは あんまりきかん坊で でっかい声出すわ で
すっかりびっくりしきっちゃってます


そんなこんなで日が暮れて
やっと着物に着替えてくれた咲ちゃんを連れて
みんなで心斎橋筋へお食事に
楽しい夜が更けていきました・・・

一夜明けて ちょっと反省している咲ちゃん
第一号ちゃんと 第二号ちゃんが お着物を着て会いにきてくれました

又 いつかきっと会う機会はあるとは思いますが
いつでもすぐに会うってことはできませんもの
とっても貴重な一時です

三人 仲良く並んで記念写真を撮りました

saki24.jpg

クリックしてね

左端の おとなしくて優しい表情の美人さんは 第一号ぷに子ちゃん
真ん中は ちょっと泣き虫の とっても愛らしい 第二号ぷに子ちゃん
右端は きかん気の第三号ぷに子ちゃん 私の咲ちゃんです

ハハハ お手々を拡げて まだ 第二号ぷに子ちゃんをけん制している様子・・・

お行儀の良い二人に比べて 
あんよまでも 咲ちゃんのやんちゃさんを証明しています

でも 咲ちゃんは 本当は一生懸命泪を堪えていたのです

かわいいね かわいいねって とっても大切に咲ちゃんを生み出してくれた
大好きなあゆみさんとバイバイしなくちゃならないこと
本当は仲良くしたかったのに 意地をはって仲良しさんになれなかったお友達のこと
よくわかんない ママのこと
これから行かなきゃなんない 知らないお家のこと・・・

お話しを聞きたいめぃちゃんは 昨日から赤い箱に入りっぱなしで
出てきてくれないし・・・

私は そんな不安で一杯の咲ちゃん
柔らかいタオルに包んで
もう一人の 新入り手作り市松のチビちゃんと一緒に鞄に入れて
あわただしく御堂筋のギャラリーを後にして 家路についたのでした・・・


つづく


工房朋の市松人形 私の 
3年前にやって来ました

tomo1.jpg

京都のギャラリーで 沢山のすばらしく可愛い市松人形の中から
たった一人 選んで連れて帰った子です

その日は ギャラリーの電気が点かなくて
天井の高い 重厚な木作りの洋風のギャラリーに 
多くの市松人形がひっそりとたたずむ光景は 幻想的で 
現実から抜け出して まるで別の次元の世界にいるような気がしました

そんな中で お人形を外に出したり 薄暗がりの棚に置きなおしたり
遠く近くと 見つめ続けて
心に一番響いたのが このでした

最初は チラリと目があって 
でも 前を素通りしてしまった子でした
もう一人 タイプの似た子に いきなり目が釘付けになってしまったからでした

でも 二度三度とその前を行きつ戻りつすると共に
最初は控えめに
そして 段々 段々と光を増して
最後は まるで暗がりに一人光を受けているかのように
この子は まばゆいばかりの輝きを放ったのでした


それから 何度か 工房朋を訪れました
行く度に 多くの市松人形に息詰まるほどの楽しさを覚えながらも
私に取っては やはり このが一番で
連れて帰りたい気持ちになる子に会うことはありませんでした

あなたは 工房朋さんの一人っ子ね
私はいつもにそう語りかけてきました

11月に入ってすぐ 私は 一人のお友達ともう一度 工房朋を訪れました
そして に似た とても可愛らしいお人形と目が合いました

よりも 幾分ふっくらとした頬の ワンサイズ小さいお人形です

まぁ なんと可愛らしいことでしょうか
でも 家にはがいます
それに 既に 納まり切らないほどの多くのお人形がいます

それ以上 目が合わないように
それ以上 惹かれないように
私は なるべくその子を避けて ギャラリーを後にしました


でも それがいけませんでした
帰りの電車で ふとあのお人形を思い出して
それから後は あの子のことばかり考えてしまうのです
もっと よく見てくれば良かった 
写真の一枚も撮ってくれば良かった・・・


帰宅後 外に出しておいて汚すのが怖くて長く箱入り娘にしていた
箱から出して棚に飾ってみました
すると は 私の心の中のよりも もっと大人びていて
あの お店の子よりも うんとお姉さんに見えました

うぅ~ん 私は唸ってしまいました
よっしゃぁ~ もう一回行って見て来よう
そして かわいければ・・・

は立ち台にきっちり固定されています 
着物を脱がせないと取れなくて 解いてしまうと後が大変なので
この子をカバンに入れて連れては行けません
しっかり写真を撮って 見比べてこよう
そして 我が家の古い本棚に納まったを撮ったのが 上の写真と すぐ下の写真です

tomo2.jpg

を目の前にして 私の心は置いてきたあの可愛らしいお人形に向いていました
撮っている時は気付きませんでしたが
こうして 今 写真をカメラから取り込んでしっかり見てみると
この時のは むくれて ちょっと拗ねているように思えます


工房朋では 11月9日から展示会が開催されます
その初日にあわせて 仕事を休んで行ってみようと決心しましたが
今 私の仕事は とても忙しくて
金曜日に開かれた会議で 
とてもじゃないけれど
平日に休んでなんかいられない状態であることが判明しました

この間から 休日に人形関係で遊びに出ることが多かったし
この土・日 一人で又遊びに行ったら きっと主人の機嫌が悪くなるでしょう

縁がなかったのかしら・・・
あきらめ切れない気持ちで悶々としていたら なんと土曜に主人が用事で大阪に出かけることになり
シメタ ってことで 私もそれに合わせて京都に行く事にしました

でも 家にはやらなければならない事が山積みです
アイロンかけも 掃除も 片付けも
最近 全部中途半端で それでなくても雑然とした家が 更にゴタゴタしてきています

でも まっいいかぁ~って 私はそれらのことに目をつぶり
強引に 京都に向ったのでした

主人に合わせて家を出たので ギャラリーの開店までには たっぷりと時間があります
弾む気持ちを抑えて ゆっくりゆっくりギャラリーに向いました

こんにちは

馴染みになった店員さんに声を掛けたら 店員さんの顔が歪みました

あらぁ~~ あの子 着物を着替えさせるために奈良に行ってるんです
5時頃にならないと 戻らないんですよ
あぁ どうしましょう

主人との帰りの待ち合わせは2時です
5時までは待てません・・・

来て良かったな
来なければ 悶々とし続けたことでしょう
やっぱり 縁のない子だったのだと
その瞬間に私はしっかり納得して
約束の2時まで ギャラリーでゆっくりとお人形を眺めました
気持ちは スッと落ち着いて これで良かったんだと思えました


tomo5.jpg

帰ってから を又写真に収めました

tomo6.jpg

は 本当に素敵な子です

tomo9.jpg

は 今回箱から出して最初に目があった時
その輝きを自ら消してしまっているかのように 平凡な表情を見せました
お顔の胡粉は なんだか安っぽいピンクに見えて
私は エッと驚いて 自分の目を疑いました

でも 二度見て 三度見て じっと見ているうちに
の表情は 霧が晴れる時のようにどんどん晴れやかに にこやかに変わってきます
ふふふ なのに あんな風に怒って拗ねていたなんてね
私には 箱から出した時の無表情なが 
にこにこのに変わっていくように見えたのでしたのに・・・

私は この時 初めてこの子に会った日のことを
最初は この子の前を通り過ぎてしまった自分を 思い出しました
あの時も こんな風に の表情は どんどんと変わっていったのでした


tomo7.jpg

あの可愛らしい子との縁は 
ひょっとしたら この子が遠ざけてくれたのでしょうか

tomo11.jpg

おかあさん お財布が空っぽな時は 使っちゃいけないのよ

tomo13.jpg

この家には ちょっと姉妹が多すぎて 一人一人が大切にしてもらえないから
あなた この家に来る前に 逃げなさい
その方がいいわよ

って あの子に呼びかけた可能性も大ですね

tomo14.jpg

それに おかあさん いつもわたしに 
あなたは朋さんの一人っ子よって 
言ってたじゃない

tomo12.jpg

一人っ子じゃなくなるのって ちょっと変な気持ちだわ
私は 一人っ子でいいの
一人っ子の方がいいの・・・

tomo8.jpg

の気持ちが ビンビン伝わってきます

tomo10.jpg

今朝のには 月光の下に佇むような ひんやりとした雰囲気はありません
きれいなピンクの頬をした 生き生きと輝く 小さな市松さんです

tomo3.jpg

やっぱり あなたは工房朋の一人っ子
大切な 大切な たった一人の子だったのでした


私は この子を再び箱に寝かせてしまったりせず
これからは いつも身近に置いておこうと思います





町子と朝子  

今日 7月22日は皆既日食でしたね。
私の町でも 部分日食は見られるとのことで楽しみにしていましたが
お天気が良くなくて 太陽は雲に隠れて見ることができませんでした・・・ショボ~ン ペコ

でも 嬉しい事も 絵文字名を入力してください


本当は 別のカップルちゃんを今回の主役にしたかったのですが
女の子の方のお洋服を作ってあげようと思ったのが大間違いの元で。。。 アセ

結局 まだ中途半端にしかできていませんので
思い切って そっちのカップル以上に 裸ン坊の度合いの高い
この二人を 今回の主役に抜擢することにしました イヒヒ


meikou2.jpg


藤村明光(クリック) さんの 15号のくたちゃん(左) と 10号のお姉ちゃん

この二人は 去る6月6日 
名古屋で開催された 「 空色少年 桃色少女(クリック) 」展で仕入れて参りました~ニコ

度々の展示会でお忙しい明光親方は 
新しいお人形を組み立てる暇も無く空色少年 桃色少女展に突入 気分ワル
なんと 展示会場に持ち込んだバッグの中から 次々と 頭を出して見せて下さいました
 

その中にいたのが 右の10号の子です

meikou16.jpg



頭だけで見た瞬間にヴッときて
迷わず お迎えを決めてしまいました 
それで 明光さんは その場で色んな道具を出して この子を組み立てて下さったんです


meikou15.jpg



何にヴッとなったかと言いますと
まず このまなざし
優しく とろけそうなまなざしです


meikou14.jpg



そして この髪
モヘアで ふわふわで くせっ毛のオカッパ
押さえて落ち着かせることも クチャクチャにして毛先を遊ばせることも 自由自在


meikou6.jpg


それに この髪型だと お洋服もバッチリ似合いそうなんですもの
レトロな昭和の香りのする お洋服
作って着せてあげたいっ て 強く思ったんです に

自前で作れば 衣装代は浮きますものね イヒヒ

全てがかわいいと 大好きで埋め尽くされたような女の子
お箱は結構ですってお断りして 持って行ったバッグにそっと詰め込んで持ち帰ってきました

・・・・・が まぁ ご覧の通り 未だに洋服は着ず ><;
サイズの合わないエプロンで ごまかしちゃっていますが・・・
はい 全然ごまかしきれていませんね アセ


meikou7.jpg


でも 名前は決めました kao03
レトロな昭和の名前 
色々候補はあったのですが 「町子」 です


で なぜこのタイミングでのお披露目かといいますと
同じ日にお迎えを決めたくたちゃんが やぁ~~~っと昨日到着したからなんです ニコ


meikou11.jpg


このくたちゃんも一目惚れ
会場ではすごく立派なお着物を着せていただいてたのですが (参照)← クリック
金欠葉っぱは この子ならベビー服も可 と踏んで 裸でお迎えしました キャハ


meikou8.jpg


では なぜその日に連れてかえらなかったかと言いますと
さっきの (参照) をクリックしてあゆみさんのブログに飛んで下さった方にはおわかりのように
展示会のくたちゃんには 歯と舌が まだ付いていなかったのであります アセ
無くてもいいって思ったのですが
親方は 「いんや、歯と舌で表情がしまる」と仰って
お持ち帰りが叶わなかったのでありました ジークスン


meikou10.jpg


それから 待つこと50日
お忙しい明光さんが 福岡の展示会も終えて やっとくたちゃんに歯と舌を付けて
送ってきて下さったのでした~~ kao03


meikou9.jpg


くたちゃんも お姉ちゃんとお揃いで 裸ン坊のまんま
この暑さだし まっ いいっかぁ~~~ イヒヒ


meikou12.jpg


この子にも レトロなお名前を付けました
朝子
朝の光のように やわらかな ほっとする表情のくたちゃんです

でも 重いのぉ


meikou13.jpg

 
この夏が終わる前に
絶対二人にお洋服作るぞぉーーーーーーーー kao07 (固い決意

明光さんのお人形って 大好き

ようやく揃った二人を前にして
ニッシャリ ニッタリ が止まらない葉っぱであります に




あっ でも 例の別のカップルの女の子のお洋服
先に仕上げないとアセ






空桃 in  名古屋

6月6日 7日と一泊二日で名古屋に行ってきました
名古屋はそんなに遠くなくて 日帰りで十分楽しめる距離ですが
何としても 一泊二日にこだわったわたし・・・

楽しみにしていた 親方藤村明光さんと お弟子さんの山崎あゆみさんの
空色少年 桃色少女」展が 名鉄百貨店で開催されたからなのです

nagoya15.jpg

前日までまさに目の回る忙しさで
実際 前々日の朝 
朝起き上がったとたんにめまいでベッドにへたり込んでしまったりしていて
よほどキャンセルしようかと思ったりもしたのですが
倒れたら倒れた時のこと って思って 
バカだなぁ~ って表情の家族を後にして 電車に乗りました

でも 何故か気分抜群
無事名古屋にたどり着いて 
お友達と合流後は 益々元気一杯になってしまって
我ながらとっても不思議でありました~



会場に着くなり 「DM 届かなかったシィ~」 って文句を言ったら 
「郵便でぇ~っす」って明光郵便屋さんが手渡して下さいました  

DMのお人形さんたちは こちら  nagoya4.jpg 写真をクリックしてね

左が「」の山崎あゆみさんのお人形さん
真ん中と 左が 「」の明光さんのお人形さん
真ん中の子は眠っていますが ちゃんと目が入っていて
何年か経ってから 「おはよぉ~」って 目覚める予定だそうです

実はわたしはねんねの赤ちゃんがちょっと苦手
でも そういうのだったら 楽しい~~~


会場を見渡して まず目に飛び込んできたのが この子

nagoya222.jpg


お友達のお人形と同じお顔で 晴れやかなピンクの着物が とっても可愛かったんです

その横に並んでいたのが下の子ら  nagoya1.jpg クリック

左の男の子は とっても賢そうで 
右のとってもかわいい女の子とペアちゃんみたいでした


nagoya3.jpg


この子は 迫力満点
小さな押し絵の羽子板も とっても素敵でした


nagoya5.jpg


いかにも 明光さんらしい 優しい表情の子
お着物も とぉ~っても素敵でした

nagoya11.jpg

大人しそうな 穏やかな表情のお嬢様
赤い着物は 華やかさという点では やっぱり一等賞ですね

これはあゆみさんの いかにもあゆみさんらしい 小さな子ら

nagoya6.jpg当然クリック

中に一人明光さんの子がいるんですけれど おわかりになりますでしょうかぁ~
前列に座っている二人は まるでお雛様みたいでした
赤い着物で立っている子の口元のヤンチャそうなこと 
後ろで紫の着物で座っているこは 総元締め的存在 
落ち着きを備えていて とっても魅力的でした

nagoya9.jpg

この子も あゆみさんのお人形
なんだか とっても懐かしいお着物を着ています
町屋に住む子が お正月とかお祭りに 目いっぱいお洒落をさせてもらった雰囲気です

nagoya8.jpg


上の二人もあゆみさんの子
あゆみさんの子らは 皆今にも賑やかにしゃべり出しそうな感じです

nagoya16.jpg

こんなユニークな市松さんも
あゆみさんならではの 新しい市松さんですね~

nagoya12.jpg

この三人のコーナーも 可愛くて素敵でした
左のくたちゃんのお鼻の上には てんとう虫がとまっています
真ん中のお姉ちゃんは これはまた いかにも明光さんらしい 品のある子でした

そして 今回 とっても気になったのがこの子

nagoya14.jpg

既に ママさんは決まっている子ですが
なんともかわいらしい子でした

nagoya13.jpg

ほらね


実は 他にも とってもいいお人形さんが一杯だったんです
オメメが左右に動く眠り目のくたちゃん
まん丸お顔の おだんごみたいにかわいいチビちゃん
お色気たっぷりの 美少女
キツネの化身
もっと もっといぃ~~っぱい

なのに わたしの写真の腕が良くて みんなブレブレで
ご紹介できなくて とても残念です


で わたしは 今回も とんでもない出会いをしてしまって・・・
とろけそうにかわいかったんです
明光さんって 天才

お着物付では無理なので 裸でお迎えすることにしましたが
そのご紹介は また後日

今回 あゆみさんのご指導で
お友達と一緒にかわいいおぞうり作りにも挑戦したのですが
そちらも また今度見てくださいね~


中途半端なレポートで 申し訳ごじゃいませんでしたぁ~









月の暦

暑いと思うような陽射しの日々の後で
ここしばらくは 冬に逆戻りしたような 冷たい日が続いています
夜の間に雪が降ったのか
今朝は 霜が凍りついたようなガチガチの白い氷が 車にくっ付いていました 


m333.jpg



おかあしゃん おひな様 いつまで飾っておくの
早くお片づけしないと お姉ちゃんがお嫁にいけないって 誰かが言ってたよ


あのね 3月3日は お月様の暦だと しあさってになるんだよ
お日様の暦の 3月29日なんだって


ふぅ~~ん
よくわかんないけれど そうなんだぁ~~~にこにこ


なんだってさ~
今年は29日の日曜日が過ぎたら 
おひな様にねんねしていただこうって 思ってるの


m22.jpg


だから めぃも 今頃 おひな祭りのお着物に お着替えしたのねニコニコ。 横向き3はーと


そうよ
めぃちゃんのおひな祭り 日曜日にお祝いしようね


うんすまいる♪

m44.jpg


今年の3月3日が とても寒くて おひな様が震えておられるように見えたので
旧暦のひな祭りの日まで おひな様をお飾りしておこうって思いました


m99.jpg


そして こんなにかわいい赤いお着物をみつけたので
明光さんのかわいいかわいいチビ市松の めぃちゃんに
生まれて初めての ちょっと遅めのおひな祭りを お祝いさせてあげたくなりました


m77.jpg


でも こんなに寒くって おひな様は 今日も震えておられます 


m66.jpg


早く暖かくならないかなぁ~って めぃちゃんはちょっと曇った 冷たい空を見上げました


m88.jpg


このかわいいおひな祭りのお着物は
マロの母さんのお店で見つけました
めぃのサイズにピッタリです


m55.jpg


マロの母さんは その器用な手で
赤い長襦袢と このかわいい桜模様の三尺も作って プレゼントして下さいました
手間隙かかった 手作りのお作品 
めぃの為に作って下さったのかと思うくらい
小さいめぃによく似合います

やんちゃなめぃも このお着物を羽織ってからは
ちょっとお嬢様みたいに おしとやかに振舞っています




暖かかった3月の半ばに 
朝の蕾が お昼前には咲ききった 我が家のさくらんぼの花は
その後の冷たい雨と強風に あっという間に茶色く変色してしまいました・・・
花弁は伸びていますが 今年はちゃんとさくらんぼの実が生るでしょうか
ちょっと 心配しています・・・


m222.jpg


最後に 3月18日
末っ子の中学の卒業式の日 
たった一日だけ綺麗に咲いた今年のさくらの花と
その下で撮っためぃを置いていきます


マロの母さんの手作りのお店 「猫と毛糸とお人形」は こちらです

http://www.shop-online.jp/amimono/



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

森の葉っぱ

Author:森の葉っぱ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計 くろック D01

最近の記事

カテゴリ

Annette Himstedt (19)
Effanbee (3)
GOTZ(Sissel, Silvia以外) (1)
Ideal (1)
Lee Middlton (1)
Madam Alexander (3)
Silvia Natterer (6)
Sissel Skille (4)
ビスク (20)
ポングラッツ (3)
マトリョーシカ (1)
赤ちゃんドール (2)
市松人形 (18)
文化人形 (1)
その他いろんなドール (12)
小さな小さな物語 (3)
お出かけ日記 (5)
未分類 (6)
ブライス (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。