2008-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ilvi

今朝はとてもいいお天気でした
でも 明日からは下り坂
雨になるそうです

今朝はお弁当作りはお休みです

少し時間ができた
こんなに気持ちのいい朝に 
やることっていえば やっぱりお人形の写真撮影

今朝は この子を撮ってみました


スー



ふふふ サンボンネットスー みたいでしょ

でもね・・・ 


スー2


怒っているのか
すねているのか
哀しいのか
はたまた 寂しいのか・・・

とにかくこんな表情の
Annette Himstedtさんの2007年のSummer KinderのIlvi


スー4



ねぇねぇ せっかくこんなに気持ちのいい朝なんだしさ
晴々と笑ってみない


スー7



あのね あたしはお人形
それは無理な注文ってモンだわよ


スー6



お天気でも 嵐でも
これが あたし


スー5



にこにこしてたら あたしじゃなくなっちゃう


スー3



確かにね・・・


ちょっとどう扱っていいかわかんない 困ったちゃんなのに
なんだか とってもかわいい子


この子が Annette さんの末っ子になる予感がします





スポンサーサイト

ゴーチェのターシャ

今日はどしゃ降りの雨 
前々から友達と約束していた主人は
朝早くから釣りに出かけましたが
雨がひどいからもう帰るよと電話してきました
気温が9度しかなくて 
とても寒いようでした

主人は渓流釣りが大好き
山中を流れる 川の上流で 岩魚やアマゴを狙うのです

とても楽しみにしていたのにな

でも 命拾いをした魚が きっと何匹かはいるでしょう
だから それはそれで 良かったのかもしれない
何にでも両面があるんですよね


さて 今日は ターシャ をご紹介いたします

P1020781JPG.jpg


ターシャ もゴーチェのファッションドール
前回の アナベル のお友達です
身長は アナベル とほぼ同じで 約40cm

甘くて華やかな アナベル に比べ
ターシャ の顔立ちは キリッとしていて 
一本筋の通った しっかりした女性の印象です

ターシャ は アナベル のようにドレスアップしてなくて
麦わらのお帽子を被って 
まるでお散歩にでもいくようなカジュアルな装いやって来ました

オリジナルの衣装とのことです





多分上質な薄い絹
水色と白の縞模様で 白の部分はとても生地が薄くて 透けています
涼しそうで これからの季節にピッタリの生地 

でも このお散歩ドレス 
ご覧のように 汚れて 破れて 
まぁ 言い方を工夫しますと 
長い年代を重ねたことを しぃ~っかりと感じさせる状態であります


P1020787JPG.jpg



一冊の本を持っています

「 A は アナベル の A 」

おばあちゃんのファッションドールの アナベル
みんなに愛されている とても大切なお人形

彼女の衣装箱には 
イヤリングも扇子も
革の手袋も
インドのショールも
綺麗な着替えのドレスも
素敵なありとあらゆる物が納められています

作者は あの Tasha Tudor

P1020818JPG.jpg


A から Z までを学ぶための 極薄い 絵の美しい本
小学生の子が英語を学ぶ時のサブテキストにどうかしらと思った本ですが
なんと わたしは 子供のようにこの本の虜になってしまいました

大切に愛でられるお人形・・・

多くのお人形を迎えてしまった今のわたしにはかなわぬ夢ですが
一人一人のお人形を こんな風に愛することこそが わたしの夢であった気がします

P1020788JPG.jpg


若き日の Tasha Tudor は
このように 透き通った眸を持つ
聡明な女性であったのだろうと思い 迎えたお人形

わたしは このお人形を ターシャ と呼んでいます

P1020791.jpg



ゴーチェのアナベル

昨日 すったもんだのあげく この美人さんが到着しました

最初から最後まで まさにドタバタさせてくれた 多分ゴーチェのファッションドール
アナベルです

マークはありません
ことのいきさつを考えると 偽ゴーチェって線もありうるかもですが
(ボディも布でリフォームされてるし・・・)
でも まぁ そんなことは私にとってはどうでもいいんです
とにかく この表情に降参して はるばる海を渡っていただきました

P1020759JPG.jpg


アナベルとは 
わたしがファッションドールに大きな興味を持つきっかけを作ったお人形の名前です

わたしは その名前を 一目ぼれしてしまったこのお人形に付けることにしました

ようこそ アナベル
これは あなたにとって 何度目の旅だったのでしょう・・・

P1020760JPG.jpg


で すったもんだ の顛末ですけれど
まずは わたしが郵便局の国際為替で代金を支払ったことに起因します

わたしは 事前に2度 ”Postal Money Order"で支払いますよ とメールを出して
セラーさんも機嫌よく “OK OK” ってお返事を下さっていました

そこで わたしは 郵便局の為替の現物を EMSでアメリカに送ったのでしたが・・・

したらばですね、そのセラーさんは それを銀行に持って行ってしまわれたのです

すると 銀行は
こんなMO(為替)は見たことが無い 
フェイクかもしれないので 調べてからでないと換金できません
」って・・・

そして あろうことか フェイクの可能性が強いので
はっきりするまでお人形は送ってはいけない
とアドバイスしたってんです

わたしにしてみれば うっそぉ~~~ って感じです
Postal MOですよ
なんでPost Officeに持ってかなかったんですか ってセラーさんに聞いたら
だって 資金が無いって言うんですもの Post Officeが・・・ って返事

ウン百万円 とか ウン千万円 とかの話ではありません
これっくらい無いわけないっしょ、いくらPost Officeだって

それがわたしの正直な感想でした

んんんん・・・ 変な詐欺に引っかかったのかしら

それも正直な感想・・・

で 日本の郵便局の相談窓口に相談してみたら
ぬぁんと あちらのPost Officeは販売が主な業務なので
開店したての時間帯には 小さな所にはお金が無いってことがあるらしいのです
で 午後になると売上金がたまってきて 為替も現金化できるって
そういうことが過去に何回かあったんですって
日本人にとっては信じがたいことですが・・・

こうなれば 
銀行からMOを取り戻して 
午後に大きなPost Officeに持ってってもらうしか手はありません
ところが したたかな銀行は 取り上げた怪しいMOはそうそう簡単に返してはくれません

銀行が提示した一回目の期限の日は 
結局 換金もされず 返還もかなわずで終わってしまいました

Post Officeであれば 普通その場で換金できてしまうありふれたMOです
たとえ銀行の窓口の人が一度も見たことがないにしても
Post Officeに照会すれば すぐにフェイクかどうかの判別は付くでしょう
本物の偽物()ならいざしらず
この進んだ国で 本物の為替の真偽の判別に 
なぜ そのように長い時間がかかるのでしょうか

それとも Post Officeへの照会なんて 銀行の沽券にかかわるってことなのかしら。。。
しかも お金同様の為替を取り上げたまま持ち主に返さないなんて
本当にそんなことがあるのかしら・・・


日が経つにつれて わたしの疑念は膨らんできました

わたしがMOを送ってから3週間が経過しても膠着状態を打開できず
とうとうわたしは セラーさんに 

わたしはとうの昔にMOを送って あなたはそれを受け取ってるのだから
とにかくお人形は送ってください
銀行に持ってっちゃったのはあなたなんだし
後は自分で銀行と戦ってちょうだい

ってプッツンメールを出しちゃったのです

セラーさんは 

あなたの言うとおりです 
こんなことになるとわかっていたら遠くのもっと大きなPost Officeにまで車を走らせたのに 

ってことで 
(だから私は本当はPaypalで払って欲しかったのよ、との付け足しはありましたが) 
予想に反して すぐにこのお嬢様を旅立たせてくれたのでしたが・・・

やっぱ 日本到着を知るまでは大変に心配でした



でも まぁ 終わりよければ全て良しってことですよね


が しかし さすがアナベル これで終わりではありませんでした

この子は なんと わたしが買い物に出かけた直後、
主人だけの家に到着してしまったのです

しっかり 「税付き」 の赤いシールが貼ってありましたが
主人は ご多分にもれず 払った税金がこの子のお値段と思ったようで
大きないざこざは起きませんでしたけれど
まぁ 最後までヒヤヒヤさせてくれました


P10207677JPG.jpg


けれど そんな様々な なまぐさい人の思いはどこ吹く風
アナベルの立ち姿は非常に美しく優雅で おっとりとしています


P1020762JPG.jpg


結局 お人形が到着した日に 銀行がMOをリリースしてくれたとのことでしたが
本当に危ない橋を渡っていたのか
あるいは わたしが善良なセラーさんを一方的に怪しんでいたのか
今はまだはっきりとわかりません

郵便為替は何度か利用しましたが こんな経験は初めてでした


鍵を握る銀行からの手紙は 
お人形と一緒に送ってくれると約束していたのに入っていませんでした
でも スペシャルプレゼントってことで この子の小物が幾つか添えられていました
それは又いつかの機会にお披露目しますね


P1020761JPG.jpg



色々なことを教えてくれた 美しいアナベル
ほいほいと気軽にebayに足を運んでいたわたしに 大いなる警鐘を鳴らしてくれました

アナベルは やってくる前から
わたしの心に大きなウェイトを占める 特別なお人形になりました

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

森の葉っぱ

Author:森の葉っぱ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計 くろック D01

最近の記事

カテゴリ

Annette Himstedt (19)
Effanbee (3)
GOTZ(Sissel, Silvia以外) (1)
Ideal (1)
Lee Middlton (1)
Madam Alexander (3)
Silvia Natterer (6)
Sissel Skille (4)
ビスク (20)
ポングラッツ (3)
マトリョーシカ (1)
赤ちゃんドール (2)
市松人形 (18)
文化人形 (1)
その他いろんなドール (12)
小さな小さな物語 (3)
お出かけ日記 (5)
未分類 (6)
ブライス (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。