2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場のワーキングドール



今年も残すところ後わずかとなりました

ずっと寒かったれど 今日は小春日和絵文字名を入力してください

自転車に乗って外出すると ふらりと遊びに行きたくなる気分ですが
今日は午後から出勤で 今年最後の会議が開かれます




そこで 今日は仕事納めに 職場で働くお人形さんをご紹介します


listen13.jpg


えっ えっ ちがうでしょ ってば
まぁね 確かにあんたもお仕事ネコですけどね

ついでにご紹介させていただきますと
このニャンコはお家でお仕事している しろっぺ
この子の担当は ママの癒し


よくお邪魔するお友達のお部屋で
お友達のお人形さんが それぞれに置かれた場所で 一生懸命お仕事をしている姿を
時々紹介して下さいます


わぁ~素敵って感激した私は
このニャンコがやってきた時 早速 私を癒してってお願いしました
それ以来 ずっと癒しネコやってくれています



そして ある日 ふっと気づきました
実は 職場で ずっと私と一緒にお仕事してくれている子がいたことに


listen1.jpg


この子は すごく大切なお仕事をしてくれている リッスンちゃん


listen4.jpg



変な名前


listen3.jpg



この子のお仕事は リッスンすること

つまり 私の愚痴を 聴いてくれるって
ヤァ~~なお仕事を 引き受けてくれています



listen7.jpg


リッスンちゃんは White Balloon社の Holly Doll
スペインの子で 5年以上前にイギリスのお店からやってきました


listen5.jpg


実はね リッスンちゃんは 私の知り合いの方にとても似ているんです
今はおばぁちゃんだけれど きっと子供の頃は こんな子だったんだろうな

その方は とっても聴き上手の 慰め上手

上の子の子育てで大変だった時期
よく話を聞いて 励まして下さいました




listen6.jpg



それで この子がやって来たその日からずっと
この子に甘えて
職場の愚痴を聞いてもらっています


私はぼやいたり 怒ったり
時には 自分勝手だな ってわかっていながら押さえられない思いをぶっつけたり

リッスンちゃんは 言葉で慰めたり 一緒に憤慨したりはしてくれませんが
この穏やかな表情で 我慢強くじっと耳を傾けてくれます


イライラしていても リッスンちゃんの優しいオメメを見ていると
なんとなく 心の波がおさまって
落ち着いてくるんです・・・





リッスンちゃんてば 大変なお仕事してんだね
ストレスたまんない


listen9.jpg




大丈夫 適当に聞き流してるから



listen10.jpg


ふぅ~ん 心が 大人なんだね


そうでもないけどね




listen8.jpg



しろっぺちゃんだって お家で一生懸命 お仕事頑張ってるよね



まぁね



listen12.jpg


ぼくさ 今日はお家に帰っちゃうんだ
又 しばらく会えないと思うよ
でも 絶対 また連れてきてもらうからね


うん
又 必ず来てね


listen11.jpg


あたしは ママがお仕事している限り
ここで頑張るから


ふん。。。
そいじゃ 記念撮影してバイバイだね
お互い お仕事 がんばろうね~


 


入っていた箱には

Holly Doll は皆それぞれの人格があって
楽しい事が大好き
それを忘れないでね


って書かれていました


楽しい事が好きなのに 
毎日辛い思いをさせちゃってるのかな・・・




家のお人形って じっと見つめても本心を打ち明けてくれない子が多いんです
写真に撮ってみて 初めて

寂しぃよぉ~~~   とか
つまんないよぉーーーー  とか
もっと遊んでぇ~~~  とか
つまんな過ぎて アッタマきてんですけどぉー とか

本音を訴えかけてくるんです


リッスンちゃんの本音を聞くのは ドキドキもの



まぁね 最初はびっくりで 嫌だったけれど
ママは お仕事場では愚痴る相手がいないのが すごっくわかったし
あたし 聴くだけは 聴いてあげる





ヴヴヴヴ なぁ~んて優しいリッスンちゃん





listen2.jpg




優しい 優しいリッスンちゃん
今日も リッスンちゃんが黙って聴いてくれるから
仕事の愚痴を 家庭に持ち込まないでいられます
ま 時にはお持ち帰りのこともありますけれどね~


私にとって なくてはならないリッスンちゃん
これからも どうぞよろしくお願いします




・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・ 



本日 大好きな 「 カール人形のお部屋 」様にリンクさせていただきました
 クリックしてね

カールダム様の レトロな優しいお人形さんたち
小さい子にクタクタになるまで遊ばれた子も
忘れ去られて 埃にまみれてしまった子も
みんな可愛く元気に生き返って
すごっく癒されるお部屋です

もし まだ後存じない方がおられましたら
是非是非 ご訪問下さいね



カール人形のお部屋」様は 私の憧れの 一杯詰まったお部屋です
来年の春になったら
私の一方的な片思いのいきさつと 顛末を ご報告させていただきますね~

  




クリスマスを祝して



クリスマス おめでとうございます




P107023511.jpeg





御子  イエズス様を世に送り出してくださいました神に感謝





img62772d5fzik6zj.gif













篤子さん

すごくパソコンンが不安定で
おそるおそるの更新です

最近市松さんのご紹介が多いのですが
今回も 市松さんで・・・ニコ


P1030780.jpg


やってきてから 一度も着物を脱がせていませんので どなたの作かは知りません
多分 昭和30年代の頃の 市松人形ではないかと思います

名前は 篤子さん


P1030782.jpg


なんとも無邪気な 幼い少女の雰囲気です


P1030801.jpg


赤いお着物が とても似合う子


P1030788.jpg


ぽったりした かわいいお口をしています


P1030796.jpg


好奇心に満ちた 生き生きした目

放っておいたら 興味にまかせて
一人でどんどん どこかに歩いていってしまいそうです


P10307931.jpg



一昔前の市松さん
もっと型にはまった おとなしい無表情な子が多いのかと以前は思っていましたが
いえいえ とんでもありません


P10307871.jpg


それぞれに表情豊かで
しっかりと自分を主張する 個性を持った子が一杯いて
昔の人形師さんの心意気を感じます 


P1030789.jpg

 
静かで おとなしい というより
おちゃめさんな 雰囲気の篤子さん


あぁ やっとおままごと遊びを終えて帰ってきました


P1030882.jpg


遊びも 納得いくまでとことんやりそうな そんな市松さん


P1030886.jpg


市松人形って 昔は 怖いお人形のように思って敬遠していましたが
足を踏み入れると そこは 華やかで かわいくて 美しくて・・・

あぁ 日本のお人形はなんと素敵なんだろうと
惚れ惚れと篤子さんを眺めています



P1030779.jpg



咲ちゃん -お家での生活編-

さて 先の「出会い編」でご紹介した通り
不安で胸が一杯の状態で我が家に到着した 明咲さんの咲ちゃん

この人見知りの強い 意地っぱりさんは
案の定 なかなか 我が家に馴染んでくれません

saki3.jpg

あゆみちゃんは どっちにいるのかなぁ~
いつか迎えに来てくれるかしら・・・・・

気がつくと ぼんやり遠くの空を眺めています

saki2.jpg


今にも涙がこぼれそうで・・・
見ているこちらも 辛くなってきます



saki6.jpg


段々と冬めく 重い雲に覆われた寒い空
かわいい頭巾で頭を覆ってあげても
咲ちゃんは そんな空を 半分泣きそうな表情で 眺め続けているのです・・・・・・・


そんなある日 咲ちゃん 咲ちゃん って呼びかける優しい声が
咲ちゃんの耳に聞こえました


咲ちゃん 咲ちゃん 一緒にお話ししましょ
あたしのお膝に乗ってちょうだいな

うんうん 一緒に遊びましょ

ワンワン ワンワン

saki12.jpg


呼んでいたのは 大きなお人形の 萌美ちゃんと
京都から来たブローチの文化人形のちゃん
そして ノラだった かわいいワンコでした


やぁ~ん あたし ワンコは怖いの


大丈夫 ワンコちゃんは とってもいい子だから安心してね


saki17.jpg


恐る恐る 大きなお姉ちゃんのお膝に納まった 咲ちゃん
優しいお姉ちゃん達と楽しくお話しするうちに
咲ちゃんの寂しそうな表情も 段々と 明るく楽しげになってきて
すっかり打ち解けて 本来の甘えん坊さんが顔を出しました



咲ちゃん ピンクのお着物に合わせて
ピンクのイチゴの髪留めをどうぞ

咲ちゃん 似合ってるよ


お姉ちゃん 都ちゃん ありがとう


saki14.jpg


ふふふ ご機嫌がようやくなおってきたみたいだから
かわいいピンクのイチゴを付けて お揃いのピンクのお着物でオスマシ写真を撮りましょう
咲ちゃん ニッコリ笑ってね

はぁ~い まかせといて
ニコッ


saki10.jpg


咲ちゃん  昨日 もみの木が来たんだよ
ずっともみの木を欲しかったママに パパがプレゼントしたんだよ


saki8.jpg


ママが もうすぐ クリスマスの灯をこの木に飾るって

ふぅ~ん 楽しみぃ~
でも クリスマスってなんだろな

そっか 咲ちゃん 今年がはじめてのクリスマスだよね
すごっく楽しいはずだ・・・ かもしれない・・・かなから 楽しみに待っててね


ふん・・・


saki7.jpg


お姉ちゃん 都ちゃん  
この木の葉っぱは もみの木みたいにとげとげじゃないよ
丸っこくて かわいいね

咲ちゃん お外は風が冷たくなってきたから
頭巾を被りましょ

saki5.jpg

うん

なんだか いい調子
段々と 素直ないい子ちゃんになってきました


saki15.jpg


都ちゃん いい子いい子 してあげるね


saki16.jpg


咲ちゃん 明日も一緒に遊ぼうね

うん 一緒に遊ぼうね 都ちゃん


んんんんん~~ すごっくいい感じ
私もようやく一安心です


こういう事しても もう泣いたり 怖がったりしなくなって
私ともすっかり仲良しになってくれた 咲ちゃんです


saki9.jpg


それにしても 咲ちゃん あんたはちと重すぎだよ


咲ちゃん -出会い編-

このたび 明咲(めいしょう)さんの名をいただかれた山崎あゆみさん
市松人形師 明光さんのお弟子さんです 

明咲 って 本当にあゆみさんにピッタリの 綺麗なお名前だって思います


10月24日 沢山の人が集まった 明光さんの御堂筋の展覧会の会場で
その明咲さんが まだあゆみさんの時にお願いしたぷに子ちゃんを
やっと手にする事ができました

待ちに待った ぷに子ちゃんとの出会い・・・

ほぼ1ヶ月近く前のことです


そして わたしのぷに子ちゃんは あゆみさんのかばんから出されるや否や
この子を迎えるきっかけを作ってくれた
第二号のぷに子ちゃんとのにぎやかな対面の渦に巻き込まれました


下の写真の左が 私の第三号ぷに子ちゃん
右が 愛らしい第二号ぷに子ちゃんです

saki21.jpg



初対面の時のことを よく覚えていません

お写真で こんな子っていうイメージがあったのですが
なるなる イメージ通りの怒りんぼちゃんって思う間もなく
私の第三号ぷに子ちゃんは 第一号と 第二号のぷに子ちゃんのママさん達に囲まれて
いきなり すごく人気者になってしまいました

そして あれよあれよという間に 着物は脱がされ
二号ちゃんのお洋服にお着替えさせてもらっていました


二号ママとその姉  おっ 関節が進化している
あゆみ         そうなの ここをもっとこうしてみたの
一号ママ       なんか こういう所とか大きくない
二号ママの姉    ひょぉ~ 本当だぁ
二号ママ       おぉ 家の子よりだいぶ重いぞ
あゆみ        釣りの錘がはいってるのだけど 三号は重いのにした
一号ママ       本当だぁ~~~  こっちのが重ぉ~ぃ
                 (発言者の敬称 略)


でも
盛り上がるママさん達の会話をよそに
二号ちゃんと三号ちゃん あんまり仲良さそうではありません・・・


saki20.jpg


第三号   ふむふむ こういうのも着易くっていいかも
       それに あたしに似合ってる気がするな~~

第二号   全然似合ってないじゃんか
        あぁ~ん やだぁ~~~ 
        勝手に着ないでほしいわ
        これあたしのお気に入りのセーラー服なんだからぁ~~
       
第三号   だって あたしの方が似合ってるんだもぉ~ん


まぁまぁまぁ って間に入ってきたのが めぃちゃん


saki23.jpg


めぃ    ねぇねぇ 仲良しさんしたほうがいいよ
       二人とも すごっく似たお顔しているから どっちが着ても同じように似合ってかわいいよ

第二号  似てなんかないって思うわ 
       それに あたしこんなにずぅずぅしくないもん

第三号  そうよ 似てなんかないわ
       あたしの方が 100倍かわいいもんね 
     

saki22.jpg


第二号   なんてやな子なのかしら・・・
       ままぁ~ 早く脱がせて 返してもらってよぉ~

第三号   ふぅ~んだ けんちぼ


その後 わたしのぷに子ちゃんは ずっとむくれながら
意地ばってセーラー服を脱ごうとしませんした


ふふふ この怒りんぼのお顔
ナンダか 私の小さい頃に似ているかもです

この第三号ぷに子ちゃんのお名前は (さき)ちゃん
名前の由来は もう言うまでもありませんよね


二号ちゃんの側を離れて 優しい表情のお兄ちゃんに甘える咲ちゃん


saki26.jpg

さぁ そろそろお洋服 返してあげましょう

やっ


saki25.jpg


あらあら 困った咲ちゃんです

後ろの小さいくたちゃん
お鼻にてんとう虫は止まっちゃうわ
咲ちゃんは あんまりきかん坊で でっかい声出すわ で
すっかりびっくりしきっちゃってます


そんなこんなで日が暮れて
やっと着物に着替えてくれた咲ちゃんを連れて
みんなで心斎橋筋へお食事に
楽しい夜が更けていきました・・・

一夜明けて ちょっと反省している咲ちゃん
第一号ちゃんと 第二号ちゃんが お着物を着て会いにきてくれました

又 いつかきっと会う機会はあるとは思いますが
いつでもすぐに会うってことはできませんもの
とっても貴重な一時です

三人 仲良く並んで記念写真を撮りました

saki24.jpg

クリックしてね

左端の おとなしくて優しい表情の美人さんは 第一号ぷに子ちゃん
真ん中は ちょっと泣き虫の とっても愛らしい 第二号ぷに子ちゃん
右端は きかん気の第三号ぷに子ちゃん 私の咲ちゃんです

ハハハ お手々を拡げて まだ 第二号ぷに子ちゃんをけん制している様子・・・

お行儀の良い二人に比べて 
あんよまでも 咲ちゃんのやんちゃさんを証明しています

でも 咲ちゃんは 本当は一生懸命泪を堪えていたのです

かわいいね かわいいねって とっても大切に咲ちゃんを生み出してくれた
大好きなあゆみさんとバイバイしなくちゃならないこと
本当は仲良くしたかったのに 意地をはって仲良しさんになれなかったお友達のこと
よくわかんない ママのこと
これから行かなきゃなんない 知らないお家のこと・・・

お話しを聞きたいめぃちゃんは 昨日から赤い箱に入りっぱなしで
出てきてくれないし・・・

私は そんな不安で一杯の咲ちゃん
柔らかいタオルに包んで
もう一人の 新入り手作り市松のチビちゃんと一緒に鞄に入れて
あわただしく御堂筋のギャラリーを後にして 家路についたのでした・・・


つづく


工房朋の市松人形 私の 
3年前にやって来ました

tomo1.jpg

京都のギャラリーで 沢山のすばらしく可愛い市松人形の中から
たった一人 選んで連れて帰った子です

その日は ギャラリーの電気が点かなくて
天井の高い 重厚な木作りの洋風のギャラリーに 
多くの市松人形がひっそりとたたずむ光景は 幻想的で 
現実から抜け出して まるで別の次元の世界にいるような気がしました

そんな中で お人形を外に出したり 薄暗がりの棚に置きなおしたり
遠く近くと 見つめ続けて
心に一番響いたのが このでした

最初は チラリと目があって 
でも 前を素通りしてしまった子でした
もう一人 タイプの似た子に いきなり目が釘付けになってしまったからでした

でも 二度三度とその前を行きつ戻りつすると共に
最初は控えめに
そして 段々 段々と光を増して
最後は まるで暗がりに一人光を受けているかのように
この子は まばゆいばかりの輝きを放ったのでした


それから 何度か 工房朋を訪れました
行く度に 多くの市松人形に息詰まるほどの楽しさを覚えながらも
私に取っては やはり このが一番で
連れて帰りたい気持ちになる子に会うことはありませんでした

あなたは 工房朋さんの一人っ子ね
私はいつもにそう語りかけてきました

11月に入ってすぐ 私は 一人のお友達ともう一度 工房朋を訪れました
そして に似た とても可愛らしいお人形と目が合いました

よりも 幾分ふっくらとした頬の ワンサイズ小さいお人形です

まぁ なんと可愛らしいことでしょうか
でも 家にはがいます
それに 既に 納まり切らないほどの多くのお人形がいます

それ以上 目が合わないように
それ以上 惹かれないように
私は なるべくその子を避けて ギャラリーを後にしました


でも それがいけませんでした
帰りの電車で ふとあのお人形を思い出して
それから後は あの子のことばかり考えてしまうのです
もっと よく見てくれば良かった 
写真の一枚も撮ってくれば良かった・・・


帰宅後 外に出しておいて汚すのが怖くて長く箱入り娘にしていた
箱から出して棚に飾ってみました
すると は 私の心の中のよりも もっと大人びていて
あの お店の子よりも うんとお姉さんに見えました

うぅ~ん 私は唸ってしまいました
よっしゃぁ~ もう一回行って見て来よう
そして かわいければ・・・

は立ち台にきっちり固定されています 
着物を脱がせないと取れなくて 解いてしまうと後が大変なので
この子をカバンに入れて連れては行けません
しっかり写真を撮って 見比べてこよう
そして 我が家の古い本棚に納まったを撮ったのが 上の写真と すぐ下の写真です

tomo2.jpg

を目の前にして 私の心は置いてきたあの可愛らしいお人形に向いていました
撮っている時は気付きませんでしたが
こうして 今 写真をカメラから取り込んでしっかり見てみると
この時のは むくれて ちょっと拗ねているように思えます


工房朋では 11月9日から展示会が開催されます
その初日にあわせて 仕事を休んで行ってみようと決心しましたが
今 私の仕事は とても忙しくて
金曜日に開かれた会議で 
とてもじゃないけれど
平日に休んでなんかいられない状態であることが判明しました

この間から 休日に人形関係で遊びに出ることが多かったし
この土・日 一人で又遊びに行ったら きっと主人の機嫌が悪くなるでしょう

縁がなかったのかしら・・・
あきらめ切れない気持ちで悶々としていたら なんと土曜に主人が用事で大阪に出かけることになり
シメタ ってことで 私もそれに合わせて京都に行く事にしました

でも 家にはやらなければならない事が山積みです
アイロンかけも 掃除も 片付けも
最近 全部中途半端で それでなくても雑然とした家が 更にゴタゴタしてきています

でも まっいいかぁ~って 私はそれらのことに目をつぶり
強引に 京都に向ったのでした

主人に合わせて家を出たので ギャラリーの開店までには たっぷりと時間があります
弾む気持ちを抑えて ゆっくりゆっくりギャラリーに向いました

こんにちは

馴染みになった店員さんに声を掛けたら 店員さんの顔が歪みました

あらぁ~~ あの子 着物を着替えさせるために奈良に行ってるんです
5時頃にならないと 戻らないんですよ
あぁ どうしましょう

主人との帰りの待ち合わせは2時です
5時までは待てません・・・

来て良かったな
来なければ 悶々とし続けたことでしょう
やっぱり 縁のない子だったのだと
その瞬間に私はしっかり納得して
約束の2時まで ギャラリーでゆっくりとお人形を眺めました
気持ちは スッと落ち着いて これで良かったんだと思えました


tomo5.jpg

帰ってから を又写真に収めました

tomo6.jpg

は 本当に素敵な子です

tomo9.jpg

は 今回箱から出して最初に目があった時
その輝きを自ら消してしまっているかのように 平凡な表情を見せました
お顔の胡粉は なんだか安っぽいピンクに見えて
私は エッと驚いて 自分の目を疑いました

でも 二度見て 三度見て じっと見ているうちに
の表情は 霧が晴れる時のようにどんどん晴れやかに にこやかに変わってきます
ふふふ なのに あんな風に怒って拗ねていたなんてね
私には 箱から出した時の無表情なが 
にこにこのに変わっていくように見えたのでしたのに・・・

私は この時 初めてこの子に会った日のことを
最初は この子の前を通り過ぎてしまった自分を 思い出しました
あの時も こんな風に の表情は どんどんと変わっていったのでした


tomo7.jpg

あの可愛らしい子との縁は 
ひょっとしたら この子が遠ざけてくれたのでしょうか

tomo11.jpg

おかあさん お財布が空っぽな時は 使っちゃいけないのよ

tomo13.jpg

この家には ちょっと姉妹が多すぎて 一人一人が大切にしてもらえないから
あなた この家に来る前に 逃げなさい
その方がいいわよ

って あの子に呼びかけた可能性も大ですね

tomo14.jpg

それに おかあさん いつもわたしに 
あなたは朋さんの一人っ子よって 
言ってたじゃない

tomo12.jpg

一人っ子じゃなくなるのって ちょっと変な気持ちだわ
私は 一人っ子でいいの
一人っ子の方がいいの・・・

tomo8.jpg

の気持ちが ビンビン伝わってきます

tomo10.jpg

今朝のには 月光の下に佇むような ひんやりとした雰囲気はありません
きれいなピンクの頬をした 生き生きと輝く 小さな市松さんです

tomo3.jpg

やっぱり あなたは工房朋の一人っ子
大切な 大切な たった一人の子だったのでした


私は この子を再び箱に寝かせてしまったりせず
これからは いつも身近に置いておこうと思います





Effanbee の エルザちゃん

今日は朝は快晴でしたが 今はザァーーって雨が降っています

二日前 あんまり空がきれいだったので 
この子を外に連れ出して空の写真を撮りました


ef7.jpg


360度 見渡す限りの青空でした

このお人形は 1994年にアメリカのEffanbee社から出た Patsy Joanちゃん
多分 昔にコンポジションドールで出ていた子の リメイクだと思います
さらっぴんのコンポジションを模した てかてか光るビニールの子

名前を エルザとつけました


ef8.jpg


まぁ 感想としては こんなに輝いてくれなくてもいいのですが
というか 正直言って ここまで光り輝いてほしくはないのですが
でも その表情があんまりかわいくて 大好きな子です


ef11.jpg


ドイツのお人形も 
日本のお人形も大好きですが
こういう アメリカンなお人形も 大大大好きです


ef10.jpg


こんな風に まん丸いお顔に
大きなオメメ
チョンモリと 小さなお口の組み合わせ
私の心のツボにスッポリはまって 
うぅぅぅ~~ん キューーーット って降参しちゃうのです


ef9.jpg


EffanbeePatsyちゃん達は 
みんな そんな幼い表情なのに 手足はスリムで長いです


ef12.jpg


こういう角度も たまらんです




わぁ~ォ 君がエルザなんだね

あんた だぁれ

ef3.jpg

決まってんだろ ボクはエルモ
君の出番をずっと待ってたんだ

なんでぇ

だって アメリカ出身の仲間だからさ

そうなんだぁ~ じゃ よろしくね

ef2.jpg

ボクの方こそ よろしくね

あっ 私いいのみぃ~~~~~っけ
エルモ ちょっとどいてみて

ef5.jpg

お洋服とお揃いのお花 みぃーーーーーっけ


ef1.jpg

似合う 似合う 
仲良し記念の写真を撮ってもらおうね

ef4.jpg


ハハハ めずらしくお花をいただいたのでエルモも一緒にパチリ
色々盛り込みすぎて
なんだか まとまりのない締めくくり・・・


ef6.jpg


Effanbeeエルザちゃん これからもどうぞよろしくお願いします



お目覚め


今日は とっても爽やかな一日でしたね


あっ こら
シーーーーー 吼えちゃダメ
ちょっと静かにしなさいってば

あぁ~~ぁ ワンコがうるさく吼えるので
せっかくおとなしくお昼寝していた赤ちゃんが モゾモゾ動き始めました・・・


bebe1.jpg


もぅちょっとネンネしててもいいのよ


bebe2.jpg


よく寝たから 大丈夫かな・・・


bebe3.jpg


大丈夫みたい
うぇぇ~~んはないみたい


bebe10.jpg



もう一回 寝てくれるかな


bebe9.jpg


ラララ・・・
こうなっちゃったら 二度寝は無理ね


bebe11.jpg


よく寝た後は こうやって 
お利巧さんに しばらく一人で遊んでくれます


bebe12.jpg


んんん
でも そろそろ限界かも
おっきしましょうか


bebe4.jpg


ちょっとお外の空気を吸いましょね


bebe8.jpg


青いお空と 秋の草々
赤ちゃんも こんな日は ゴキゲンです



この子は Berenger社のBaby Fatだったかのシリーズの子
笑っちゃうような オデブちゃんです


名前は のたちゃん
正式名を あけぼ のたろう君 と言います

ピンクを着て ピンクの髪留めつけていますが 実は男の子
ピンクは お姉ちゃんが赤ちゃんだった時のお下がりです


最初のお名前は サバメちゃん
お魚のサバを連想させるオメメでした・・・

サバメちゃん時代の のたちゃん( click  )
bebe15.jpg


ちょっと というか かなり怖かったので
カスタムがお得意な方のご指南を受けて
目を入れ替えました


そしたら なぁ~んとなく 当時横綱だった 曙さんみたいになっちゃって・・・



でも わたしは のたチャンが大好き

時々寝起きにぐずりますが
お友達の たぬポン兄弟ともなかよく遊ぶ 
とってもいい子です



bebe13.jpg






向日葵 (ひまり) の笑顔

9月も終盤に差し掛かって 吹く風は爽やかなものの
日中は なんだか 夏のような暑さです

昨日 お友達から かわいいお洋服と
手作りのアクセサリーが届きました

お洋服は すごっくかわいくて
ネックレスはとても綺麗です 

あんまり素敵だから ブログでもご紹介したくなりました

そんな気持ちを察すると
わたし わたし って モデルの立候補者が一杯手を挙げてくれましたが
夏の一番似合う子はだれ って聞いたら
みんなが この子を指差しました

それで モデルは決まりっ
じゃぁ 早速着替えて 登場していただきましょう~


7himari.jpg


我が家の 夏ン子 向日葵 です
ひまり と読みます


まぁ 季節外れといえば季節外れですが
今日の汗ばむ気温に免じて 
ちょっと夏気分に逆戻りブログにお付き合いいただけますでしょうか

6himari.jpg

お友達の手作りアクセサリー
目の覚めるような 綺麗なブルーのハートのネックレスと
かわいいグラスビーズを カッチリ編んだ素敵な色合いの紐で繋いだチョーカー

4himari.jpg


全部 とても素敵です

2himari.jpg

チョーカーは 二つを繋ぐと ブレスレッドにも使えます

1himari.jpg

水の国のお姫様の髪飾り風

3himari.jpg

1960年代風

9himari.jpg

いえいえ 向日葵は やっぱりお姫様のつもり

8himari.jpg

向日葵は 2007年にAnnette Himstedtさんが発表されたお人形ですが
2006年に発表されたお人形は みんなアトランティスの王国の子供達でした
クリックしてみてね



ユニークなヘアスタイルに 夢のようなお姫様ドレス・・・

向日葵は 海底王国のお姫様にすんごく憧れていて
なんで わたしは2006年の子じゃなかったの っていっつも言ってるんです
海底のように青い この首飾りをつけたら
向日葵は まるで アトランティスのお姫様になったような気分なれたんですって

5himari.jpg

今日の向日葵の笑顔は 一段と輝いて 本当に真夏の太陽のよう・・・

10himari.jpg

向日葵に取って 今日は特別に嬉しい日になったみたいでした 



~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~


もし 初めてAnnetteさんのお人形をご覧になった方がおられたら
このお人形の 腕の付け根や 肘にあいた穴の奥の
むき出しボルトに驚かれたかもしれません

私も 自分の撮ったボンヤリ写真をじっくり眺めて
改めて この仕様に ううぅーーーーん と腕組して考え込んでしまいました

考え抜かれたお人形の構造なのだと思いますが
多分 日本人だったら あの穴を目立たなくするために
同じ材質 同じ色で作った詰め物をしちゃうんでしょうね・・・

昔々 ドイツで作った医療器具に係わる仕事をしていました
使い捨ての器具にもかかわらず 
とても分厚く ガッチリ頑丈に作られていて
案の定 オーストラリアから数回繰り返して使ったらリークしたと
クレームがきました

使い捨てですとの説明書を作成した私達ですら
これで使い捨てはもったいないなぁ~ って言ってた位ですから・・・
勿論 医療器具の使い回しはあってはならないことですけれど


今 ドイツではペットボトルなども一回で捨てるのではなく
回収して 何度も使いまわすシステムが出来上がっていると聞いたことがあります

何でもしっかり堅牢に というイツの文化では
「使い捨て」は 基本的に国民の意識に沿わないものなのでしょうね


日本人は 何でも薄く小さく小綺麗に作るのが得意で
そういう製品が大好き

でも 表面を綺麗に繕ってる部分って
すぐに剥げ落ちてきたり 壊れたりするって いつも私は思います
年数が経って長く使っていると
必ずといっていいくらい こういう姑息な方法で取り繕わなければいいのに
って状態になってくるんですよねぇ・・・


このお人形の腕の穴に詰め物をすると
新しい時期には見た目が綺麗でいいですが
年月が経つと それが抜け落ちたりして トラブルが発生するのは必至です

リアルさにはトコトンこだわるけれど
すぐに壊れるであろうような表面をとりつくろう無駄は一切排除する 
という ドイツ人の徹底した姿勢を
私はこの穴に見る気がします


少々無理矢理な展開ではありますが
もし あの穴とボルトに違和感持たれた方は 
まぁそういうことなのかもな
って おおらかに納得して下さいますよう お願い致します



~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~














クルーゼちゃん

抜けるような 綺麗な青空に
薄い雲が ふんわりと浮いて 
気持ちのいい秋の日が続いています

kuru22.jpg

青空と たわわに実る稲穂を背に 
爽やかな風の吹く草叢に座っているのは
ケテ・クルーゼクルーゼちゃん

kuru21.jpg

こんなに綺麗な青空と澄んだ空気に 
クルーゼちゃんは とっても感激しています

kuru24.jpg

秋って なんて素敵な季節でしょう

kuru23.jpg

こんな日には 神様への感謝が 自然と心にこみ上げてきます

kuru25.jpg

クルーゼちゃんの心も 感謝で満たされているように思えます

kuru26.jpg

心に染み入るような 秋の一日

kuru27.jpg

心を押しつぶす心配や愁いも無く のんびりと過ごす秋の休日

kuru28.jpg

何物にも変えがたい こんな日・・・

kuru29.jpg

神様 どうか世界中の人々が このような平和な一日を過ごす事ができますように

kuru31.jpg

飢えや寒さ 病や戦争の恐怖に 震える人がいませんように

kuru30.jpg

ハナミズキの木に 赤い実がなりました

kuru32.jpg

神様 地球に平和の実を実らせてください
その実から芽が出て
どうか 平和の木で 世界中が覆いつくされますように


・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・


シルバーウィークも もう半分来ちゃいましたね

クルーゼちゃん あんまりケテ・クルーゼらしくないお洋服を着ているでしょ
実は このお洋服は 元はこんなのでした

kuru1.jpg

40年以上前
小学校での初めての調理実習の時に 
祖母が買ってくれたエプロンです

二枚も買ってくれたのに 我儘を言って 
私はこれを使いませんでした

それがズーーーッと心に引っかかっていて
結局一度も使うことのないまま 
箪笥の引き出しに残しておいたのです

箪笥を整理するたびに捨てようかと思うのに
どうしても捨ててしまえなった2枚のエプロン

今年の夏 一枚を 思い切ってお人形の服にリフォームしました

本当は レトロなお洋服の似合いそうな
裸の市松人形に着せるつもりで作ったのですが
生地の分量が少なくて 思うデザインにできなかった事もあって
まぁ ビックリするほど その市松人形には似合いませんでした

がっかりして ちぇ~~って気持ちだったのですが
今日 ふと思いついて 
クルーゼちゃんのボロボロのお洋服を脱がせて
着せてみました

スカートを短くしたら 案外サイズはピッタリです

お世辞にも とっても可愛く似合っている とは言えませんが
ボロボロよりは マシみたい

クルーゼちゃんが少しだけ喜んでくれたので
お外に連れて出て 写真を撮ってみました

祖母のことを懐かしく思い出しながら
もう一枚も お人形のお洋服にリフォームしてみようかと思っています

kuru35.jpg




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

森の葉っぱ

Author:森の葉っぱ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計 くろック D01

最近の記事

カテゴリ

Annette Himstedt (19)
Effanbee (3)
GOTZ(Sissel, Silvia以外) (1)
Ideal (1)
Lee Middlton (1)
Madam Alexander (3)
Silvia Natterer (6)
Sissel Skille (4)
ビスク (20)
ポングラッツ (3)
マトリョーシカ (1)
赤ちゃんドール (2)
市松人形 (18)
文化人形 (1)
その他いろんなドール (12)
小さな小さな物語 (3)
お出かけ日記 (5)
未分類 (6)
ブライス (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。